熊本市の注文住宅会社 大海建設に関する資料請求 熊本市の注文住宅会社 大海建設に関するお問合せ

災害にも負けない地震に強い家づくり

熊本市の耐震住宅の事例

日本でマイホームを建てる際に、気になるのは地震や台風、雪などの自然災害による影響です。特に日本では地震が多いため、耐震性能の優れた地震に強い家づくりを考える方も多いのではないでしょうか。
大海建設は大切な家族を守る地震に強い家づくりをするために、パナソニックが開発したテクノストラクチャー工法により、家族の安心と笑顔を守る耐震住宅をご提案します。

地震に強い家とは

一言に「地震に強い家」といっても様々な種類があることをご存知でしょうか。

熊本市の耐震住宅01

耐震住宅

耐震住宅とは、地震などの揺れに耐えるように、壁の厚みや柱の補強などにより地震の揺れに強い構造をした家のことです。

熊本市の地震に強い家02

制震住宅

制震住宅とは、地震などの揺れを吸収して、建物自体に地震の揺れを伝えないような構造をしている家のことです。

熊本市の地震に強い家03

免震住宅

免震住宅とは、特殊な構造を用いて、建物と地面に埋まっている基礎の間で揺れを吸収することで、地震による揺れを軽減させた家のことです。

地震に強いテクノストラクチャー工法でつくる注文住宅

熊本市の地震に強い家テクノストラクチャー工法

地震などの災害に対しての建物の安全性を評価・検討・確認する計算方法として「構造計算」があります。建築基準法では、ほぼ全ての建造物において構造計算が行われて建設されていますが、木造2階建て以下の住宅はでは、この構造計算が免除され、法律で定められている最低限の基準のみをクリアして建てられているのが現実です。

大海建設では、テクノストラクチャー工法を取り入れ、全棟に388項目以上の構造計算を実施し、「耐震等級3※1」の家づくりをしております。
家族の笑顔と財産を守る災害に強い注文住宅で、強さもデザイン性にも妥協をしたくない方にお勧めの地震に強い家づくりです。
※1:耐震等級とは、地震に対する建物の強さを表す等級です。住宅性能評価機関が認定した震度6強〜7の地震が起きた時、損傷を受ける可能性があるが潰れないという基準を等級1とし、耐震等級3はその1.5倍の地震にも耐えられる強さを備えています。

テクノストラクチャーの家

大規模施設の地震に強い建築ノウハウを一戸建て住宅の建築に活用

大海建設はこれまで、有料老人ホーム、デイサービスセンター、訪問介護ステーションなど大規模な介護福祉施設を多数建設してきました。
お年寄りが暮らす介護福祉施設に求められるのは、通常以上に「安心・安全」な暮らしです。地震や災害に強いのはもちろん、健康に暮らせる家を追求し、皆様に「安心・安全」をお届けしています。

熊本県内のほか、福岡県、大分県などで施工実績がありますが、地域ごとに異なる地盤の状況に合わせて丈夫で地震に強い建物を建てています。実際、熊本地震の時には、これらの介護施設が避難所として活用され、地域の皆さまのお役に立つことができました。

当社は、「建物のプロフェッショナル」です。
皆様の暮らしを守るため、「安心・安全」をとことん追求した大規模施設の建築ノウハウを、皆様の一戸建て住宅の建築に活かしています。

熊本市の地震に強い耐震住宅の事例
熊本市の地震に強い施設の施工事例
熊本市 ハウスメーカー会社ホームページのページトップへ